F.Sさん 20代 魚や一丁(ホールスタッフ) 学生

たくさんのお客様と会話ができる、ホールスタッフをやってみたかった
F.Sさん ホールスタッフ 写真1

今では週5日間アルバイトのシフトを入れてしまう位楽しいバイト先

以前焼肉店のキッチンでアルバイトをしていたことがありましたが、キッチンではいつも一人でさびしい思いをしていたんです。 大学進学と同時にアルバイトを探していましたが、次のアルバイトはたくさんのお客様と会話ができる、ホールスタッフをやってみたいなと思っていました。 そんな時、高校生の頃から、魚や一丁で働いていた友人からホールスタッフのアルバイトを募集していると紹介してもらい、すぐに入店を決めました。 現在、昼間は学校があるので、夜の時間をメインにシフトを入れていますが、色々なお客様に話しかけていただけたときはとても楽しく会話をしているので、魚や一丁のホールスタッフになって本当に良かったと思います。

F.Sさん ホールスタッフ 写真2

学校とアルバイトの両立はもしかしたら大変かなって思っていましたが、実際に働いてみると、 シフトの相談にも乗っていただけるので学校にもアルバイトにも支障なく、しっかり両立できています。 むしろ今では週5日間アルバイトのシフトを入れてしまう位です(笑) もしかしたら学校と家の間に魚や一丁があるから、場所的にもちょうど良いというのもあるかもしれません。
このお店を紹介してくれた友達とは今でも仲が良く、一緒に働いています。シフトが一緒になった時はさらに楽しさが倍増しちゃいます。

F.Sさん ホールスタッフ 写真3

例えるなら『スポーツチーム』、高校時代の野球部のような雰囲気。

最近では同世代のバイト仲間も増えてきていますし、キッチンスタッフや外国籍の方と話す機会も増えました。 キッチンスタッフと話していると、普段ホールで働いていると知り得ない苦労やこだわりが聞けたりするのでとても勉強になります。 たとえば刺身の切り方ひとつ取っても、キッチンスタッフは包丁の種類や入れ方にすごくこだわっています。 最初は、お客様からオススメメニューを聞かれるのがあまり好きではなかったのですが、今ではお客様にオススメメニューと一緒に料理のこだわりも伝えられるようになりました。 キッチンスタッフとの会話は、楽しいだけではなく、ホールスタッフの仕事にもとても役に立っていますね。
私にとって魚や一丁の雰囲気は、例えるなら『スポーツチーム』です。 高校生の頃、野球部のマネージャーをやっていたんです。 そのときの野球部には、先輩後輩が助け合って、何でも話せる楽しい雰囲気があったんです。 魚や一丁の雰囲気は、その当時の部活の雰囲気に近いですね。一つのことに向かって、わからないことがあった時やお店が忙しくて大変な時は、先輩後輩が助け合って乗り越えています。 これから入ってくる後輩にも、私が先輩から学んだことをしっかり受け継いでいってもらいたいですね。

もっと働く人の声を読む

T.Yさん 27歳 キッチン
T.Yさん 27歳
キッチン

魚や一丁でアルバイトをする前は、同じヴィア・ホールディングスの飲食店で3年間働いていました。 少し家から遠かったので家の近くで働きたいと思って、アルバイトの求人を・・・

・・・続きはこちら
O.Mさん 47歳 ホールスタッフ
O.Mさん 47歳
ホールスタッフ

魚や一丁で働くきっかけになったのは、娘(長女)のママ友からの紹介でした。 下の子供が小学校に上がるのを機に、ちょうどパートの仕事を探している時でした・・・

・・・続きはこちら